中折れした鍵穴を交換する前に、どんなタイプがあるか把握する

鍵が中折したときは鍵開けだけでなく、鍵穴ごと取り替えた方がいい場合もあります。どのようなタイプの鍵があるか知っておくと良いでしょう。防犯性の高い鍵に交換することができます。

鍵のタイプと特徴

ディンプルシリンダー
鍵穴内部のシリンダー構造が複雑なため、高い安全性を誇る鍵です。複数列のピンが内蔵されていて、鍵とシリンダーがしっかり噛み合わないと鍵が開きません。効果的に空き巣対策ができるので、取り入れている人も多いです。製品によっては不正開錠だけでなく、不正複製防止システムも付加されています。リバーシブルで両面使え、側面がギザギザしていないので、鍵穴に掛かる負荷も少ないです。最近はロッカーや金庫の鍵にも使われています。
ロータリーディスクシリンダー
側面に刻みのあるタイプと、それに加えてくぼみもあるタイプがあります。鍵穴内部には複数の金属板が並んでいて、これが回転することで鍵が開くのです。破壊に強い超硬部品が使われていて、新築住宅のシステム扉などにも使われます。不正ピッキング防止構造になっているので安心です。名前が似ているものに「ディスクリシンダー」がありますが、これはピッキングに弱く5分で空き巣に侵入されてしまうため気を付けましょう。
ピンシリンダー
以前は住宅の玄関や勝手口、金庫や机の鍵として使われていました。鍵穴内部は1列に並んだピンが数本配置されています。鍵のさし込み方向が一定で、使いにくさを感じる人も多い鍵です。古いタイプは鍵穴からのピッキングが可能で、防犯性が低くなっています。現在はピッキング防止ピンが含まれているなどの対策が施されています。使い勝手と防犯性を考えると、他の鍵にした方が良さそうです。

鍵穴交換をする際の注意点

鍵の中折れなどで鍵穴交換をする際は、いくつかのことに気を付けなければなりません。まず、ドアフロントの記号を見てメーカー名と記号を確認しましょう。そして、鍵交換を行なう扉の薄さを測ります。古い建物だと古いタイプの鍵が使われていることが多いので、同じタイプの鍵に交換できないことがあります。この場合は、他のタイプの鍵に交換します。サッシなどの鍵の中折れだと、サッシメーカーのオリジナルの鍵を使っていることがあります。この場合は、サッシメーカーに確認してから、鍵交換を行なわなければなりません。

TOPボタン