中折れを招く症状があれば、鍵開け業者にメンテナンスをお願いする

中折れした鍵の原因について調べてみよう

鍵は折れないと思われている

鍵の調子がおかしいと感じていても、そのまま放置してしまう人が結構います。「まさか中折れするとは思わなかった」という声が多いのも、中折れトラブルの特徴です。鍵の素材である金属も、時間や使用回数に比例して劣化していきます。鍵穴内部のシリンダーとうまく噛み合わなくなってきたときも、鍵に負担が掛かってしまうので気を付けましょう。鍵開けを行なっている業者に原因を調べてもらい、早めに解決することが大事です。

鍵が中折れする原因

シリンダー
鍵の中折れは、鍵穴内部のシリンダーが原因で起こることがあります。鍵穴内部にホコリやゴミが詰まっていると、シリンダーが回らなくなったり接触不良を起こしたりしまいます。嫌がらせやイタズラをされた場合も、中折れが起こりやすいです。鍵穴内部を確認して、元に戻すことが必要なので、鍵開けのプロに依頼して見てもらうと良いでしょう。力付くで開けようとすると、鍵穴内部の部品を更に傷めてしまうでしょう。
鍵本体
鍵自体に歪みや亀裂があると、中折れしやすくなります。鍵は毎日使うアイテムなので、消耗して形が変わっていってしまうからです。施解錠しにくいと感じたときは、鍵の状態を専門家に見てもらい、必要であれば複製しなければなりません。鍵穴に合わない鍵を使い続けていると、中のシリンダーを壊してしまいますし中折れも必然的に起こってしまうでしょう。中折れが起こる前にしっかり修理やメンテナンスをしておけば、費用が嵩んだりトラブルが発生して焦ったりすることも防げます。

鍵の複製や鍵穴内部の部品交換、鍵交換に掛かる費用はそれほど高くありません。しかし、いくつかの原因をいっぺんに解決しようとすると料金と時間が嵩みます。中折れにつながる症状が出ている段階で早めに対策を取っておけば、よりスムーズに問題を解決できるでしょう。鍵開けを行なっている業者に見てもらえば安心です。

TOPボタン