鍵の中折れなどのときに、鍵開け業者のここを見ると良いです

鍵開け業者を選定するポイントについて知ろう

鍵が中折れした場合、パニックになってしまいます。業者に鍵開けを依頼する際に、的確な判断ができず、対応しているところを適当に選んでしまうこともあるでしょう。業者選びに失敗しないためにも、選定するときのポイントを押さえておきましょう。

失敗しないためのポイント

料金が事前に分かるところ
鍵開けや鍵複製などの料金が分からなければ、依頼するのをためらってしまうでしょう。前もって鍵開けの料金を知っておくと安心です。業者を選ぶ際は、料金を明示しているところにしましょう。プランや見積もりの説明があやふやな業者は、実際の料金が予想以上に高くなることがあるため、気を付けなければなりません。
キャンセル料がかかるか
鍵開けは、鍵の種類や状態で料金が変動することがあります。現場に来てもらい鍵穴を確認した上で見積もりを出してもらうため、そのときにキャンセルしたいという人もいるでしょう。良心的な業者で、現地確認後にキャンセルした場合であっても、作業手数料を無料にしているところがあります。そのような業者を選ぶと安心です。
アフターサービスがあるか
対応が丁寧な業者は、サービス内容が充実しています。鍵開け後に鍵の回りが悪いときや、防犯対策を行ないたいなどの相談にも親身に対応してくれるので安心です。アフターサービスの有無は大きいでしょう。

鍵開けを依頼するといくらくらい?

一般的な鍵開けの場合は、7000~10000円の料金になります。鍵交換だと13000~18000円が相場です。防犯性の高い鍵に取り替えたい、防犯カメラなどを設置したいというときはお得なプランがないか業者に確認すると良いでしょう。

中折れした鍵は合鍵が作れない?

鍵が折れた場合でも、合鍵って作れますか?
鍵が中折れした、曲がった、紛失したという際げに原本がなくても、複製は可能です。鍵穴から鍵を複製できます。鍵紛失の場合は、鍵を拾った人が空き巣に入る恐れもあるため、なるべくは鍵交換を行なった方が良いでしょう。
TOPボタン